速読勉強法「ドクターブレイン」 レビュー 吉岡節夫

 
速読勉強法「ドクターブレイン」
詳細はこちらをクリック




資格試験に1発合格するという「ドクターブレイン」
その正体は、いったいどんなものなのか?



注意! ----------

   この速読勉強法は“資格試験に一発合格する”となっていますが、
   大学受験や高校受験にも爆発的な効果をもたらします。
   なぜなら、脳の“理解”や“記憶”といった基本的なメカニズム
   の特徴を巧みに応用した方法だからです。


試験の合否を分けるものを一言で言ってしまうと、


「試験問題で問われる知識を直ぐに使える形で頭の中にストックできているかどうか」


ということです。


つまり、基本的には記憶の勝負なのです。それと同時に、使用頻度の高い知識を直ぐに取り出せるようにしたり、関連する知識を直ぐに連想できるようにしたりする“整理力”の勝負でもあります。


これは、多くの物(文房具・書類など)を机の引き出しに格納するのと似ていますね。いかに多くのものを引き出しに詰め込むか。しかも、必要な物を直ぐに取り出せるように整理して。


要するに、“要領の良し悪し”の問題なのです。


受験も“要領の良し悪し”で結果の大半が決まります。
そこで、どうしたら要領良く勉強ができるのかですが・・・


1つの答えが吉岡節夫先生の


速読勉強法「Dr.Brain(ドクターブレイン)」


です。


“速読法”というとフォトリーディングを思い出すかもしれませんが、あれは使えません。


理由は簡単。左脳を使わないからです。


勉強は“理解して記憶する”必要がありますが、その際に左脳の働きが絶対必要です。フォトリーディングは確かに高速ですが、それは情報のインプットだけ。左脳がついて行けないので、“理解して記憶する”ことはできません。


「ドクターブレイン」は、まさにこの問題を解決した速読勉強法です。


あるトレーニングによって左脳のスピードをアップさせ、右脳と左脳が連携して働けるようにします。


すると、「読む速さ」「理解する速さ」「記憶する速さ」が向上します。典型的には5倍速以上になりますが、人によっては10倍速も可能です。


5〜10倍速になるということは、ライバルたちの5〜10倍の速さで勉強が進むということです。逆に言えば、合格に必要な勉強時間が、1/5〜1/10で済むのです。


「ドクターブレイン」の効果はスゴイけど、マスターするのが大変なのでは?


トレーニングは次の3ステップだけです。


@ 乱数を用いたウォーミングアップ
A チャンク(ある文字の塊)単位の黙読
B 高速音声の聞き取り


他の教材にも高速音声の聞き取りはありますが、再生速度に秘密があるのです。(詳細はドクターブレインの公式サイトで。)


この手の速読法や記憶術では結果が出るまでに時間がかかり、そのうちにモチベーションが下がって諦めてしまうというパターンがよくあります。


「ドクターブレイン」の場合には、直ぐに結果が現れるのでそのような心配はありません。人によっては、@のウォーミングアップだけで効果が出てしまうこともあるくらいです。


この速読勉強法はいろいろな資格試験で既に結果を出しています。また、はじめの方でも述べたように、大学受験や高校受験でも威力を発揮します。


いかに短時間で密度の高い勉強をするか。
1発合格する人は皆、工夫しているのです。



速読勉強法「ドクターブレイン」
詳細はこちらをクリック




速読勉強法「ドクターブレイン」のレビュー、口コミ、効果などの情報を公開しています。「ドクターブレイン」を実践すると、読む速さ・理解する速さ・記憶する速さが5倍程度以上にアップします。




藤本式記憶術 藤本憲幸 口コミ


試験に役立つ左脳型速読術 効果 レビュー


「勉強の説明書」 口コミ 秀才の勉強法