試験に役立つ左脳型速読術 効果 松平勝男

 

詳細はこちらをクリック


試験や仕事に役立つ左脳型速読術


速読術には、「左脳型速読術」と「右脳型速読術」があるのをご存知ですか?


もし、試験対策や仕事を効率化するために速読術をマスターしたいのであれば、左脳型速読術が適しています。以下に、その理由を説明します。


まずは、それぞれの速読術の特徴を簡単にまとめると、次のようになります。


右脳型速読術

● 文章をイメージ化して読んでいく
● 雑誌や小説などのイメージ化しやすい文章に向いている
● 右脳を鍛える必要がある
● 写真を撮るように読み取っていく
● 読むスピードは非常に高速
● 才能が関係するとも言われ、習得が極めて困難


左脳型速読術

● 文章の構造に着目し、ある流れに沿って読んでいく
● 試験問題・参考書・ビジネス文書などの説明文、論理的文章に向いている
● 左脳を鍛える必要がある
● 活字を拾って読み進めていく
● 読むスピードは右脳型速読術に及ばない
● 才能には関係なく、誰でも習得可能


直ぐにわかるとおり、左脳型速読術と右脳型速読術は対照的です。単純なスピードだけで比較すれば右脳型速読術に軍配が上がりますが、受験やビジネスで活用しようというのであれば、明らかに左脳型速読術が向いています。つまり、・・・


● 読む文章のほとんどが、左脳型速読術が得意としているものであり、
● 比較的簡単に習得できてしまう


からです。


また、右脳型速読術に比べて遅いとはいえ、一般的な速度(1分間に500〜700文字)の5〜10倍の速度は十分に可能です。自分の読むスピードが10倍に上がったらどういうことになるのか、ちょっと想像してみてください。


1ヶ月かかった参考書は3日で終わり、2時間かけて読んでいたビジネス書は10分そこそこで読めてしまうのです。


しかし、それだけではありません。左脳型速読術は読解力もアップさせます。文章の構造を利用して読んで行くということは、取りも直さず論理的に理解していくということです。


もう、おわかりですね。国語の長文問題対策にぴったりなのです。文章を高速に正しく理解する事ができるようになるからです。左脳型速読術を身につけただけで、偏差値が20もアップした例があるそうです。


そして、実は、日本語だけではありません。英語の速読にも威力を発揮します。英語を英語の語順のまま理解できるようになるので、英会話やTOEICの試験対策に効果があります。もちろん、入試の英語の長文問題に効果てき面なのは言うまでもありません。


さて、試験対策や仕事にメリットの大きい左脳型速読術ですが、体系的に扱った書籍や教材は少ないようです。もしかしたら、ほとんど無いのかもしれません。いまここに、そのものズバリを体系的に解説しているマニュアルがありますので、紹介しておきます。


「試験に役立つ左脳型速読術」 著者:松平勝男


松平勝男氏は東大大学院卒で、数多くの言語の通訳や、記憶術・速読術などの分野に携わっている方です。特に、左脳を活用する記憶術など、左脳系のメリットを主張されています。


受験勉強やビジネスを加速させる上で、参考にしてみてください。


詳細はこちらをクリック




松平勝男氏のノウハウ「試験に役立つ左脳型速読術」の効果、レビュー、口コミなどの情報を公開しています。試験対策やビジネスを加速させるために最適な速読術です。




受験生の最強の武器「試験に受かるユダヤ式記憶術」 レビュー


ジニアススタディ 川村明宏 レビュー


林式新TOEIC超速スコアアップ法 林姿穂 口コミ