試験に役立つ左脳型速読術 効果 松平勝男TOP > 速読術の利用 > 速読術 試験勉強

速読術 試験勉強

 

左脳型速読術の詳細はこちらをクリック


速読術は知識の記憶に有利!


速読術が試験勉強を加速する理由の1つとして、記憶のメカニズムに合っている事があげられます。参考書などを読んで、そこに書かれている知識を効率的に記憶するためには、速読が効くのです。


人間の脳は、まずは忘れるようにできています。繰り返し復習(リハーサル)することによって、記憶は定着していくのです。ところが、ここに厳しいデータが・・・


エビングハウスの忘却曲線という実験データがあります。脳は知識を覚えた次の瞬間から猛烈なスピードで忘れて行き、1時間もすると覚えたことの半分以上も忘れてしまうのです。


覚えてから10分後なら、まだ80%程度は記憶しているので、この段階で復習するのが有効なのですが、なにせ標準的な速度で読んだのでは10分で読める量は少なすぎます。


そこで、速読法の出番です。速度的に右脳型に及ばないと言われる左脳型速読術でも、一般的なスピードの10倍程度を出すことは十分に可能です。


ということは、左脳型速読術を用いれば、100分間の学習を10分間でできることになります。そして、まだ8割程度が記憶に残っているうちに復習(リハーサル)するのです。


このパターンで学習を継続できれば、試験勉強を大幅に加速できるでしょう。


左脳型速読術の詳細はこちらをクリック




松平勝男氏のノウハウ「試験に役立つ左脳型速読術」の効果、レビュー、口コミなどの情報を公開しています。試験対策やビジネスを加速させるために最適な速読術です。




 

速読術の利用記事一覧

速読術 試験勉強

左脳型速読術の詳細はこちらをクリック速読術は知識の記憶に有利!速読術が試験勉強を加速する理由の1つとして、記憶のメカニズムに合っている事があげられます。参考...