「山田式勉強法」 効果 - 宅建試験に60日で合格

 

詳細はこちらをクリック


たった60日で宅建試験に受かる勉強法


ここで紹介する「山田式勉強法」は宅建試験の勉強法ということになっていますが、実は、ほとんどの資格試験で使えて、しかも短期合格を達成するスキルです。


実際、この勉強法のノウハウ提供者は、宅建試験だけでなく、社労士、管理業務主任、マンション管理士、FP(ファイナンシャルプランナー)、簿記2級などの資格試験に合格しています。


つまり、資格試験の勉強法には「共通した正しいやり方」というものが存在するのです。


その方法に従えば、60日で宅建試験に合格する事も可能なんですね。通常は200時間〜300時間勉強しなければ受からないと言われている宅建試験が、たった60日です。


何が大事かというと・・・


本番で出題される可能性の低い部分の勉強は後回しにして、絶対に必要な部分の勉強に集中することです。


そして、合格基準の点数をクリアできる計算ができたら、関係ない部分の勉強は捨ててしまうことです。


宅建試験では満点を取る必要は全くありません。正解率70%〜80%が合格ラインです。いかに少ない範囲の勉強で、この正解率を達成するか、それが短期合格のポイントなんです。


要は、いかに勉強範囲を絞り込むか、です。


難関と言われる資格試験に次々と短期合格する人は、みんなやっています。「山田式勉強法」も、そんな勉強法です。


当然、参考書を真面目に勉強などはしません。そんな事をしていたら、60日で合格できないからです。


そもそも、「参考書を使うな」と言っています。参考書では効率的な勉強はできない、と。


参考書というものは、少しでも本番で出題される可能性のある知識は全て盛り込むのです。万一、参考書に載っていない内容が出題されたら、立場ないですから・・・。


ということは、ほとんど出題される見込みのない知識がたくさん載っている本が、参考書なわけです。


それよりも、絶対に必要な知識だけで、なるべく早期に合格ラインを突破することが大事なのです。


基本方針はわかったけれど、具体的にはどう進めたらよいのか?


「山田式勉強法」に詳しく説明してありますので、関心のある方は確認してみるとよいと思います。


詳細はこちらをクリック




宅建試験にわずか60日で合格する「山田式勉強法」の内容、効果、感想などの情報を公開しています。宅建をはじめとする資格試験に少ない勉強量で受かるためのスキル。




宅建最短合格音声講座2010 松村保誠 口コミ


「社労士試験にたった169日で合格!らくらく勉強法」 梅田浩一 レビュー


社労士試験に122日で合格する勉強法 獅子原孝蔵 レビュー